オタク文化の切れの端

基本的にweb小説を紹介するブログです。普通のラノベも読みます。批評とかもします。たまに一般文芸とか映画の感想とか思ったこととかが入ります。

活動日記①

 最近忙しくてちゃんと記事にしようとすると時間が足りないので、軽く整理するための日記をつけておきます。

 

ff14が面白い

 最近新しい拡張が出たff14ですが、めちゃめちゃ遊んでます。忙しいといいましたが、仕事とこのゲームと小説に可処分時間を吸い取られているわけですね。文章化している時間がない。

 ストーリーは設定でいうなら少し詰めの甘さなども見えたものの、集大成として非常にうまくまとまっており、とても面白かったですね。コンテンツ部分も新鮮で歯ごたえあってよし。また詳しく書くかもしれませんが、まだしばらくはハマっていそうです。

 

・ゆる言語学ラジオが面白い

 ゆる言語学ラジオっていうユーチューバーの動画にはまってます。リンクはこれ。

ゆる言語学ラジオ - YouTube
 言語学の話しとか面白かった本の話などが知識人的な観点でゆるく語られてるのでとても好き。出てきた本を気になって読んだりしてるのでそれでまた時間が食われております。

 

・最近読んだweb小説’s

 忙しくてそこまで量は読めてないんですけども

 :貞操観念が逆転した宇宙人の軍隊でエースパイロットの俺だけが唯一男な話

 :僕は今すぐ前世の記憶を捨てたい。

 :オーク英雄物語 ~忖度列伝~

 :これは圧倒的美貌で凱旋門賞馬になる俺の話

 :ボク、ピーマンが好きなんだよね

 :魔王の苦悩アカデミア

 

 この辺は記事書くと思います。他は短かったり、勧めるか悩んでる感じなので書くかはわかりません。

 

・二次創作解釈違いの話

 割とその辺寛容というか別によくない? くらいの感覚だったんですが、こないだうっとなるようなものに遭遇し、これが解釈違いか……となったので今度記事にしたいと思います。

 以上! 暇な時間作ってちまちま進めます。それではまた今度。

【小説紹介と雑談】『雛森「シロちゃんに『雛森ィィィィ!』と叫ばせたいだけの人生だった…」』とBLEACH

最高峰の美少女に憑依転生したクソ主が歪んだ愛情でイケメンショタ幼馴染を愛でて色々引っ掻き回して満足するお話だゾ。

 

おすすめ度4

 

 この小説はBLEACHの二次創作ですね。雛森桃に転生した主人公が、自分の押しキャラである日番谷十四郎を曇らせて喜ぶみたいな話です。

 正直なところ私はあんまりBLEACHファンではなく、原作も一応全部読んでたんですけど、そこまで思い入れがあるわけじゃありません。日番谷十四郎は結構話題になるので氷結系最強! みたいな感じで覚えてましたが、主人公が転生した雛森桃にいたっては……? みたいな感じでした。一応読んだはずなのに!

 そんな曖昧な記憶でしたが、この小説はその辺りの曖昧さを補完しつつも、いい感じに主人公が狂っていていろんなイベントを起こし、キャラクターの良さを引き立ててくれます。特に十刃当たりのキャラがめっちゃ出てきて、あーいたいた! みたいな気持ちになりました。あと藍染惣右介も推されててよき。

 物語として破綻しない程度に主人公が暴れつつも、キャラクターの内面まで踏み込んで魅力を引き立てくれます。あまりBLEACHに思い入れがなかった私もこれを見て原作の良さを再発見できました。設定がすごい(小学生)。

 BLEACHが好きな人にはとてもおすすめな二次創作です。

 

syosetu.org

 

 

【小説紹介と雑談】『勇者刑に処す 懲罰勇者9004隊刑務記録』

全員が性格破綻者で構成される、懲罰勇者部隊の刑務記録。
世界史上最悪のコソ泥、詐欺師の政治犯、自称・国王のテロリスト、成功率ゼロの暗殺者――

彼らを率いる《女神殺し》の重犯罪者、ザイロ・フォルバーツは、今日も無茶な作戦に投入される。
その任務の最中、深刻な盗癖を持つ仲間が、一つの死体が入った棺桶を盗んでくる。

……だが、その棺桶の中に入っていたのは死体ではなく、《女神》であった。

いかにして彼らが魔王現象と戦い、また恩赦を勝ち取ったか。

 

おすすめ度☆5

 

 この小説は異世界ファンタジーです。特に転生とかはないハイファンタジーです。

 ざっくり内容としては人類の敵が攻めてきていて、それを一癖も二癖もある人物で構成された懲罰部隊とそれを率いる主人公が無茶な局面を何とかしてくみたいな話しですね。こんな適当に書いたあれより上のあらすじ見てください。そんな感じです。

 この小説のすごいところはキャラクターの個性で地固めされた物語の展開のうまさです。

 この小説は一人称で進んでいくんですが、主人公のザイロ視点からほぼブレない一視点で統一されています。この書き方だと主人公の視点で進んでいくので他のキャラクターはあまり心情描写し辛い問題があります。他の作品だと他のキャラ視点での話を入れたりしてその辺を補うんですが、この小説にはそのあたりの描写がかなり遅くに書かれています。そのまま普通に読んだとして単行本何冊か読んだあたりで、他キャラクターの視点からの話が展開するのです。

 それでまあ上にあるあらすじの通り、結構な独自言語が入ってる上に、ハイファンタジーなので読者にはなじみのない世界を説明するところから始まるわけです。そんな中で序盤に主人公以外の視点が出てこないというのは世界観説明やキャラクターの説明がめちゃくちゃハードになるということです。導入でこいつはこんなキャラだ! ここはこんな世界だ! っていうのをうまくやらないと「なんか説明多いな」とか「つまり……どういうこと?」みたいになりかねません。

 その辺りのめちゃくちゃ難しい塩梅をこの作品は練り上げられたキャラクターの個性と非常に高い筆力でとてもうまく描いています。

 読んでいるとわかるのですがキャラ一人一人の解像度がとても高く、場面場面でこういうキャラなんだというのがはっきり理解できる個性が三人称の小説でも浮かび上がってきます。

 もちろんそういう場面を描いているのもありますが、割と地の文自体は淡白な描写にもかかわらず、キャラクターの個性がここまで浮かび上がるのは、作者の方の高い筆力と非常に練られたキャラクターの高い解像度あってこそだと思います。ぱわーですね。

 元々作者さんはTRPGをかなりやっていた方らしく、そう思ってみるとキャラクターの解像度が高いのも、章ごとの区切り方がキャンペーンっぽいのも納得というか。私の中でTRPG出身者は大体お強いの法則が着々と出来上がりつつあります。

 この作者さんの小説は他にも読んだことがあるのですが、この小説が一番好みですね。あとは文体や内容的にも電撃で出てもおかしくないけど、文庫の方で出るにはちょっと淡白かなーっと思ってたら電撃の新文芸で出ると聞いて電撃の編集さん目ざといなーと思いました。さすがだなー。 

 

 いつも思ってるんですが、あんまり読みたいってなる紹介じゃないですねこれ。ネタバレ防止で私がどこに感銘を受けたかを適当に書いてるのであんまりこれ読んで読もうとはならないかもしれません。おすすめ度だけ見て参考にしてください(無)。

 とりあえずめちゃくちゃに出来がいいのでみんな読んでみてください。面白いので。

 

 

kakuyomu.jp

 

 

 

近況の報告

 久しぶりに生存報告でも。

 ここ二週間ほどは体調悪くて寝込んでました。ワクチンの2回目の副反応がめちゃくちゃ激しく出て4日間ほど39~40度を行ったり来たりして死にかけておりました。頭痛や関節の痛みなども加わって何もできなかったんですけど、その後熱が引いてもからも腸のほうのバランスがぶっ壊れたらしく、何食べてもお腹を下してしまう状態が二週間くらい続いてました。病院にも行きましたが薬をもらっても下してたので正直お手上げでした。

 厚労省のサイトにも1~2日で治るみたいなことしか書かれてなかったので油断してましたが、ありえないほどしんどかったです。インフルエンザなんかの比じゃないくらい。ちなみにファイザー製だったのすが、こちらで38度以上出てる人は7%くらいらしく、めちゃくちゃに運が悪い。

 それでようやくここ数日くらいで落ち着いてきたのでやっと日常が戻ってきた気がします。気づいたらもう10月も下旬でなんかワープした感が否めませんね。

 とりあえずまたぼちぼち更新してくのでよろしくです。

 ではまた。

【小説紹介と雑談】『28歳独身男性、異能を得て退魔師に転職する。ただし、美少女にTSしたので、戸籍転生』

アラサーである山田吉次はある日、転職に成功して、幼い頃の夢を叶えてしまう。
ただし、何故か、金髪美少女の姿で。

「ねぇ、退魔師って労災適用されるかな?」
「適用されませんが、治療魔術があるので大丈夫ですよ」
「何一つ大丈夫じゃない」

年下の相棒! 年下の同僚! 年下の上司!
アラサーになると、周囲が大体年下になる職場ってあるよね!
でも、頑張れ山田! 退魔師の仕事は、給料だけは良いぞ!
そもそも、戸籍すら変わっているから、元山田になるけど、頑張れ!
やけに魔物たちからはヘイトが集中する体質だけど、戦って勝利を掴むのだ。
――――そのために君は、生まれ変わったのだから。

 

おすすめ度☆3.5

 

 この小説はローファンタジーですね。TSもしますが割とメインが退魔師のお仕事なのでそういうのが好きな人にお勧めできます。というか私がそういうの好き。

 世界観的には妖怪・神あたりが敵・味方として出てきて、味方よりのそれらの力を借りて人間側が戦ってるって話なんですが、まあ異能バトルですね。

 割といろんな要素を入れてるんですが、どれもちゃんとストーリーに絡んでくるのできれいにまとまってます。過去話なんかでもきちんと掘り下げがあって展開に納得できますし、とても面白かったです。

 更新も定期的に行われてるようなので今後が楽しみですね。

 

 

https://ncode.syosetu.com/n8971gu/

ジャンプ+ 読み切り感想 『皆殺しのアリス』

 興味がある漫画・小説・映画を全部買ってると明らかに破産するので漫画アプリとかでちまちま漫画読んでるんですが、最近はもっぱらジャンプ+見てます。

 そのジャンプ+ですが最近(というほどでもない)はランキングに読み切りが出てくることも多く、その読み切りが結構面白かったりするので気に入っています。

 せっかく読んでるしこれからは感想記事にしてこうかなと。布教したい。今回はこれ↓

 

 この読み切り『皆殺しのアリス』はアクション物ですね。読んだ感想としてはかなりうまくまとまっていて面白かったです。

 主人公のアリスは無人兵器を操る存在として教育された兵士で、過酷な訓練により感情の起伏が乏しく、周りからは忌み嫌われています。そんな中、ある時から周りの風評を気にせずにアリスに構う男が現れます。ビルというその男はアリスにつれなくあしらわれながらもめげずに話しかけ続けます。そんなビルにだんだんとアリスの意識も変わりだして……。

 というあらすじですね。こういうストーリーはかなり昔からある王道な感じで、特段珍しいものではありませんが、それゆえにきちんと表現できれば面白いのは保証されているとも言えます。

 このストーリーを漫画で表現するのにあたって一番大事なことは、キャラクターの感情表現だと私は思います。感情の起伏が乏しい主人公が自分を気にかけてくれる人の感情や思いを受けて、自分なりの答えを出すという一連の変化をきちんと描写しないとあんまりおもしろくならないと思います。

 そのためにもキャラのバックグラウンドや変化のきっかけとなる人物の感情表現、もちろん主人公の変化等、描写しなければならないことがたくさんあります。その辺りをきちんと読み切りという形態で形にしているのはすごいなぁと思います。少し駆け足と思う場面もあったのですが、全体的に面白かったです。

 

 余談ですが、最後の終わりといい他の物語の前日譚感がめっちゃすごいな……みたいな気持ちになりました。そのまま別の漫画が始まりそう。

 

 

【小説紹介】『高2にタイムリープした俺が、当時好きだった先生に告った結果』

【漫画版1~5巻好評発売中!】【小説版1~5巻がGA文庫様より発売中です!】 
アラサー社畜の俺は、目が覚めたら高2の春にタイムリープしていた。
当時好きだった先生に告白出来なかったことを後悔していた俺は、思いきって告白し、付き合うことになった!
けど先生は男をダメにする女の人で、ことあるごとに俺を甘やかしまくる。

尽くし過ぎる先生(恋人)とバレないように付き合いながら、甘々でイチャイチャな学園生活を送る。
中身アラサーで高2な俺と、俺を甘やかしたい先生(恋人)の日常イチャコメディ!

 

 おすすめ度☆3.5

 

 この小説は男性向けのラブコメですね。引用したあらすじにもあるように中身おっさんの主人公がヒロインの先生といちゃつく内容です。

 主人公やヒロインに何か問題があって……のようなシリアス展開にはならず、常に緩い感じで進んでいくので安心感がありますね。これを読みに来る想定読者に刺さるようなシチュレーションが高い精度で描かれてるので、こういう感じのラブコメが好きな人にはとてもおすすめできる内容です。書籍化、漫画化もしているようなのでそちらで読むのもいいかもしれません。

 

https://ncode.syosetu.com/n4976ea/

 

 この小説自体は数年前の投稿ですが、書店なんかを覗くと割とこういう小説や漫画が増えたなーという気持ちになります。とても流行している、とまではいきませんが、一定の存在感があって流行りの移り変わりを感じますね。

 

 

 

 

【雑談】不眠症と私の話

 今回は不眠症の話でも。

 不眠症は要するにいろんな理由で自由に睡眠がコントロールできないってことなんですが、私はかなり昔からこれに悩まされてました。

 皆さんも知っていると思いますが寝不足だと体調は最悪になります。私の場合、寝不足だと何食べてもお腹を下しますし、頭も全く回りません。そもそも体調がやばいので何かしら積極的に動くという気にもならないわけです。

 しかしながら人間が社会行動を営む関係上、みんな決められた時間に集まって何かをするのが基本となります。それに慣らすために学校とかがあるわけですが、そこで決まった時間に寝れない人間が行くとどうなるかというと、高確率で授業中気絶するように寝ることになります。そして勉強についていけなくなっていくという悲しみ。

 実生活にやばいほど影響が出てたので、早く寝ようとして見るとか、寝る前に電子機器を断ってみるとか、朝に光を浴びて寝る時間を固定できないか試すとか、不眠 治すにはみたいにグーグル先生に聞いてみて出てきたことは一取りやりましたが特に改善することはなく。精神科で睡眠薬ももらってきてますが、めっちゃふらふらしてなんもできなくなる割に寝れないという悲しいことになってます。

 今は時間的束縛があまりないのである程度解決しましたが、それでも根本的に眠くなって布団に入っても寝れないという問題自体は解決しなかったわけです。

 それでそのことについてずっと考えてきたのですが、最近になってこうなんじゃないかという仮説ができたんです。それが割と成功しているので書いとこうかなと。

 

 ・目が痛いから・肉体が疲れているから眠れるわけではない

 

 これは昔の私が思っていた罠なのですが、眼精疲労を眠いと勘違いしても眠れません。目が痛くて目を閉じる→脳が情報を遮断されたことにより眠くなるというのが眠気の仕組みだと思います。肉体の疲労もそれと同じですね。肉体の疲労により動けないので情報が減って脳が休止モードへ移行する。普通の人なら=で結んでいいのかもしれませんが、私の場合は目を閉じてようが何してようが勝手に脳みそが盛り上がって考え事が始まるので寝れません。めっちゃ運動しようが何しようが寝れません。

 

 ・そもそも寝れない原因は何なのか

 

 私の不眠には二つの原因があって

1.考え事が勝手に始まるので寝れない

2.足が火照り、違和感によって眠れない

 

 この二つの複合だったわけです。足の火照りは足に何回も使える冷えピタみたいなのを張ることで対処していたのですが、1のほうがどうしようもなく、ずっと悩まされてきたわけです。

 この問題はなかなか解けることなく、私の中でずっと大きな問題として立ちふさがってきたわけですが、これをもう少し深く考えるきっかけになったものがあります。

 とりあえず試せるものは試そうということで不眠を治す取り組みの一つとして睡眠薬睡眠導入剤ももらいましたが蚊ほどにも効きませんでした)を飲みだしたことです。

 睡眠薬(ルネスタという名前の奴)を飲むと身体をうまく動かしづらくなり、ぼんやりとはするものの結局寝れないで二時間くらい粘った挙句、寝床から出てくるみたいな地獄が飲みだしたころから結構頻繁に起こってたのですが、これが割と解決の糸口になったというか。

 

・あなたは『リンゴ』と言われて何を考えますか?

 

 昔からそうなのですが私は基本的に何か頭の中で考えるとき一切映像が出てきません。例えばリンゴを思い浮かべた場合、”赤い”とか”果物”とか”丸い”とか。そういうリンゴに関する情報の総体としてリンゴを思い浮かべます。もちろん画像を浮かべようと思えば浮かべられますがそれはリンゴの見た目を思い浮かべよう! と思わないと出てこないわけで、リンゴとだけ聞いてもリンゴの画像が脳内に浮かばないのです。

 これは他の物事にも言えることで、単語などに対してはその意味内容や関連情報が想起され、画像で思い浮かべることは全くしていませんでした。人間ですらそう。顔とか容姿じゃなくてその人の性格とか、考え方とかが想起されます。

 他の皆さんはえ? って感じだと思うんですが、それにちゃんと気づいたのはここ数年のことです。そりゃあ「お前脳内で何考えてる?」って聞くことないですからね。私はこの思考が当たり前だと思ってきましたし、意思疎通で困ることはありません。クオリアの話。

 それでこれがどう繋がってくるのかというと睡眠薬の力によって脳や体の機能が下がり、外界からの情報は強制的に少なくなるわけです。それなのに眠れない→脳が覚醒状態に保たれているのは私が何かしらの単語が浮かぶとその単語に関連する情報まで想起され、脳内の働いてる場所が一か所に限定されないせいでどこかしらがずっと起きてる状態になっているのではないか? と思ったのです。

 もっと簡単に言えばこの考え方のせいで常に複数の脳内が活動してて静かになることがないよってことですね。これに気づいた私は寝るときにあることを試すことにしました。

 

 ・ひたすら自分が鉄棒で回転している視点を想像する

 

 寝床に行ったらひたすら自分がぐるぐる回ってる視点を想像します。別に他の映像でもいいのですが、ロケーションを決めるとそこの物体のディティールを気にしたりするので情報量が少なくてツッコミどころの少ない回転視点にしてます。前は湖の小舟に寝転がってるとこを想像してたんですが、なんでここに針葉樹林が? とかこの小舟の作りどうしようかな? とかくっっっっっっそどうでもいい考えが出てきたのでこれになりました。私の脳のくせに勝手に考えるな!

 こうすることで他の所に脳内の覚醒を飛び火させないので、ずっとそれを考えてるうちに飽きて一瞬それを考えない無の状態が作れればそのまま寝れるのではないかという考えです。よく考えると結構マヌケなんですが睡眠の前では些細なことです。これが今のところ割とうまくいっていて、別の考えが生まれてもすぐさま回転する視点に戻ってくることでそのうち描写に疲れて寝れています。たまに失敗しますが、それでもここ十数年も苦しんでいたのと比べると進歩です。人間にとっては小さな一歩かもしれないが私にとっては大きな飛躍なのです。

 それはそれとして脳が交感神経、副交感神経があって副交感が優位だと寝れる~みたいなのは結構聞いてきましたが、ようやくその辺が腑に落ちてきたというか。アメリカの軍のトレーニングで10分で熟睡できるようなトレーニングがあるって聞いたこともありますし、もしかしたら自分でのび太君のようにどこでもすぐに寝れる日も来るのかもしれません。

 

 

↓使ってるやつ

 

【小説紹介】『顔真っ赤なネイチャさんに「お、お馴染み1着ぅ……」と言わせるまで』

ちょっぴり卑屈で斜に構えた女の子がトゥインクルシリーズを多くの勝利と共に走り終え、URA優勝セレモニーで感極まっているところを邪知暴虐のトレーナーに

「オラ! 言え! お馴染み1着ぅ! って言え!」

と、かつての自嘲「お馴染み3着ぅ」をパロってこれまでの実績を誇るよう商店街の皆さんの前で無茶ぶりされるまでのお話。


※アプリ版ナイスネイチャシナリオをベースに、アニメ2期と史実を被せるような形で作っていますので、そういった部分の改変が苦手な方はこの文を警告タグのようなものと受け取ってください。
主に、トウカイテイオーとのライバル関係がアニメよりも強まります。
「「お前には負けたくない」」系です

 

 おすすめ度☆3.5

 ウマ娘の二次です。卑屈な感じのナイスネイチャがポジティブトレーナーに出会って明るくなってく話ですね。原作の関係性の強化という感じですが、非常に丁寧です。キャラの感じやエピソードもちゃんと感情が動いてる感じがして記号じゃないように感じれていいです。

 しかしながら更新が遅く、がっつり勧めるには現状ちょっと内容量が足らない印象。なのでちょっと控えめなおすすめ度です。表現自体はとても高いレベルでまとまっていて面白いので今後の更新が楽しみですね。

 

syosetu.org

【小説紹介】『アラサーがVtuberになった話。』とVtuber小説の話

ブラック企業辞めたシスコンアラサー(♂)が底辺企業Vtuberとして炎上しながらも奮闘する話。
※炎上ネタが苦手な方はスルー推奨です。
※この物語はフィクションです。実在の人物・団体とは一切関係ありません。
※サブタイトル横★マーク付きは頂いたイラスト等が掲載してある回になります。
※「小説家になろう」「カクヨム」にてマルチ投稿しています。

 

 

 おすすめ度☆3.5

 

 この小説はVtuberを題材とした小説ですね。こういう題材+人間関係メインのジャンルって何て呼べばいいんだろうといつも首をひねっております。コメディとか青春物とかいろんな要素があるもののどれもメインとはいいがたく……。まあそれは置いておきます。

 内容としてはまあ引用したあらすじ通りですね。こういう題材だと主人公のステータス上昇としてぽんぽんと登録者数が増えていったりしてネタ切れというのが結構起こるんですけど、この小説はその辺のインフレに安易に手を出さない感じでえらいなぁと思います。

 結局有名な他の人間(ここではVtuberの中身)に違和感なく絡むってなった場合、数字が近くないとなんでこいつら絡むの? みたいなことになってしまうのでこういう題材で言う登録者数(ファン数)を増やすというのは導入として自然なんですけど、作品自体の目的が人気Vtuberになるだと序盤にしてもうそこに近づくという意味でもあるので終わりが近くなるというか。

 そうなっちゃうと次の目的として人間関係、しましょうか! になってメインの配信業が消え失せていくのが割と見た展開ですね。登録者数をすぐインフレさせると他のキャラのキャラ立ちもしてないので人間関係メインになっても薄いなーとなっちゃいがち……。

 やめましょう世知辛い話は。この小説はインフレしないで他キャラの関係性エピソードとか配信のどうのみたいなので物語を進めててえらいです。面白いです。それが伝わればいいのです。

 他にもwiki風の話があったり、文字演出も結構手が込んでていてすごいなーという気持ちがあります。私なんてこんな千文字くらいの記事書くだけでめんどくさがってるというのに。文字の大きさも色も変えない殺風景。なぜならめんどうだから。ハーメルンに書いてる人は工夫してる人が多くてえらいですね。

 こういうのが好きな人にはお勧めです。

 

syosetu.org

【小説紹介と雑談】『奥多摩個人迷宮(プライベートダンジョン)~浸食してきた異世界迷宮』とローファンタジーのダンジョン物

奥多摩で家業のコンビニを手伝う高校生、山岸恭二はある日、店内で《浸食》の影響によって大けがを負う。
救急車で搬送された病院で魔法によって回復した恭二は、何かに誘われるように<浸食の口>に飛び込んでその先で迷宮を発見する。
現代世界に突如現れたダンジョン。そして浸食の口からあふれ出す魔素《マナ》によって魔法使い達、そして新しい職業『冒険者』が誕生する――。

ダンジョン内でドロップする素材を現代科学に利用して、新たな産業が生まれ、世界は徐々に「冒険者」という職業に理解を示していく。

 

 おすすめ度 ☆3.5

 

 この小説はタイトルにあるように現実に異世界からのダンジョンが出てきたよーというローファンタジーですね。この小説の投稿自体は2015年で結構古いのでその頃の流れとしては割と新しめのものでした。今だと結構このジャンルは開拓されちゃってそこまでポンポン出てくるって感じじゃないですね。

 内容としては割とリアルよりで進む感じで、ダンジョンから手に入れた素材、技術をリアルで活かしてく見たいな方面に進んでいきます。そのストーリーならこういうのが欲しいよねって言うのが大雑把ながらも詰め込まれていて面白く読めますね。

 文体も取っつきやすく、すらすらと呼んでいけるのでこういうのが好きという人はおすすめです。

 

https://ncode.syosetu.com/n6787cs/

 

 

 

 それでまあここからは雑談なんですが、現実にダンジョンできる系の奴の話です。

 この小説や前紹介した『Dジェネシス』もそうなんですが、結局そこで出てきた新素材をリアルでの有効活用にもっていこうってなると流れがテンプレートと化しちゃってあんまり目新しさがなくなっちゃいますよね。

 リアルのマクロ視点で見ると突然自分が石油王のような戦略物資を好きに扱えるようになったって話になってしまうわけで、それを狙う国家の圧に対して自身の武力(+自信を早期に認めてくれた国からの圧)によって対抗するという流れがテンプレートになりますよね。というかそうならざるを得ないですよ。それが自然。

 内容がリアルでの立身出世のほうに傾くとダンジョンは自分だけが使える新物資供給施設になってしまいがちで、そこからの世界の動きというのは割と決まった流れになりがちなんですよ。

 その資源を狙ったアメリカは実は宇宙人に乗っ取られていてその物資を狙ってアメリカエイリアン連合軍が外交と武力の両方で攻めてくる! みたいな予想を飛び越えてくるような展開にしづらいんです。いや、この例えはちょっと見たいですがそれはいいとして。

 リアルでの立身出世をこういうダンジョン物で行うと最終的なゴールは世界中の権力者に認められ、主人公が動くだけで世界に大きな衝撃を与えかねない人物になることだと思うんです。

 それでまあ既存権力の側を予想を飛び越えていく空想の産物にしちゃうと、途端にリアルでダンジョン資源から固めた地位まででがあやふやになっちゃうので厳しくなるんですよね。

 真実の中に嘘を混ぜてるからそれが本当に見えるのであって嘘ばっかの泥団子を鉄の塊に見せるには大変な労力がいるのです。

 他のジャンルならそれだけに注力して描写範囲を狭めるとかで何とか出来たりもするんですが、立身出世だとかかわるものが大きくなるので描写の係数も大きくなってそれを嘘で塗り固めるとマジで大変になりがち。

 結局何が言いたいかというと描写大変だし、テンプレの流れを変えるにはめちゃくちゃ難しいストーリーにリアリティ持たせないと面白くないから最近はあんまり出てこなくなったのかなぁということですね。話が長い。

 

 

 

【小説紹介】『俺たちの魔王はこれからだ。』

高校生の透、真紀子、静は、前世にて異世界の三大魔王として君臨していた記憶を持っています。外道な勇者によって殺された三人は、高校で“前世懺悔同好会”を設立し、 前世の事を悔いる電波で痛々しい日々を送っていたのですが、ある日新任の先生がやって来て、不吉なフラグを立てました。「お前たちの戦いはこれからだ」ーーー二千年後の異世界に再び転生した三人が、それぞれの前世を思い出し、懺悔したり反省したり、巡り会ったりしながら、再び魔王になっていく独白系コメディ&シリアス。勇者の影に怯えます。
【書籍情報】富士見L文庫より発売中の「浅草鬼嫁日記」「メイデーア転生物語」シリーズの原案となります。書籍とは設定や世界観は同じところがありますが、違う物語ですので、ご注意ください。

 

 

 おすすめ度☆4

 

 この小説は異世界ファンタジーですね。内容としては割と恋愛が中心ですが、世界観が作りこまれていてファンタジー小説としても高い完成度です。

 コメディとシリアスの塩梅がちょうどよく、内容としてもきっちりまとまっていて読みやすい小説です。ただ最初に書いたようにメインのジャンルとしては恋愛物なので、魔王による無双みたいな要素を期待していると少し外れたような気持ちになるかもしれません。そういう背負ったものがある恋愛を描くために周りの世界観完成度が高まったイメージ。方向性としては恋愛喜劇(悲劇)ですね、ロミオとジュリエットとかみたいな感じです。こういうのが好きな人にはとてもおすすめですし、完成度が高いのでそういうのが苦手というのでなければ読んでみてほしいところです。

 あとこれを原案としたライトノベルが書籍化されています。漫画にもなってるようで絵がきれい。下にリンクを置いておきます。そちらは読んでないのですが、それだけ力のある作者さんということですね。完結済みでもあるのでぜひ。

 

 

 

https://ncode.syosetu.com/n3862be/

 

 

 

 

 

 

【小説紹介】『TSオリ主は完璧なチートオリ主になりたいようです』

自分が転生した世界をいい感じの二次創作に仕上げる為に、意識高い系オリ主が完璧なチートオリ主を目指す話。

 

 

おすすめ度☆3.5

 

 今回紹介する小説はまた複数のオタク専門用語からなる小説なので、その辺に詳しくないと頭にはてなマークが浮かびます。

 タイトルに出てる言葉から言うとTSは性別転換を意味していて男→女になってるよ、オリ主はオリジナル主人公を意味していて二次創作でよく使われる自分の考えたキャラクターが主人公ですよの意。ちなみにこの小説はオリジナルの小説であり、元の小説というものは存在しません。何も知らない人が一遍に理解しようとすると頭おかしなります。

 あらすじを大雑把に説明すると主人公は昔見ていたアニメの世界にTS転生していたのでその原作アニメの流れを完璧なハッピーエンドにするために介入して頑張っていくよ! という話です。

 二次創作におけるオリジナル主人公というのは、下手すると原作をぶっ壊して気持ちよくなるためのものになりかねません。有名なので言うとメアリースーですね。あれはそういうのを揶揄するために書かれたものなので、あれなんですが。要するに安易にはやるなよ! って言われてるものなわけです。

 この小説はその辺のメタ的な意味を含ませながら主人公が動いていくので、こういう二次創作界隈にある程度詳しくない人が見ると最初はどゆこと? となりがちです。オリジナル小説なのに二次創作界隈のことを知らないとちょっと取っつきづらいとというなかなか面白い立ち位置ですよね。まあ言ってしまえばすべての物語が現実のn次創作なので正統進化なのかも。

 内容としては色々な要素を包容しているのもあって展開に幅があり、主人公の一人称説明がとても軽快なのもあって、最初のハードルさえ乗り越えてしまえばサクサク読めて面白いです。更新頻度が高いのも魅力的。

 作中でも説明してくれるのでweb小説を元々読んでるっていう人にはおすすめです。

 

 

syosetu.org

【雑談】エヴァの話しとか

 テーマも何もない普通の雑談です。最近やったことでも。

 この前配信されたエヴァを見ました。アマプラ会員になれば見れます。下にリンクだけおいときます。

 でまあ内容なんですが結論から言えばよくわからんかったです。よくわからん。

 ちなみに私のエヴァ遍歴は漫画→新劇場版をそれぞれ一回ずつなので、まあわからんのが当たり前と言えば当たり前ですね。一回で分かるように作られてない。

 少なくとももっとまじめに説明しろ! と思ったQより格段にわかりやすくはあったんですけど、それでも考えないと話の筋すらわかりづらい。

 その辺を何度も見て考えた結果、物語の全体像が見えてきてその過程の気づきや周りとの共有による面白さの反芻というのがエヴァの楽しみ方なのかなぁと漠然と思ってるんです。あんなの一人で考察して納得できるとこまで行ける人はいなくて、誰かと考察を共有することが前提になってますよね。

 それでまあ私個人としてはエヴァにそんなに熱くなれなかったので……。もう一回見て謎を解明して共有する価値をそこまで感じなかったというか。

 まあ言ってしまえばエヴァって旧劇のころからのコンテンツなのでキャラデザも設定も割と踏み越えてきた後じゃないですが。あの頃で他に考察しきるものがなかったから成立したのかなという気持ちがあります。いまだとそこまで考察しきらなくても簡単に楽しめるコンテンツがいくつもありますし、ネットで調べると考察記事がすぐ出てきて自分で考えてたものより鮮烈でもっともらしい”答え”が出てくる。

 今エヴァを楽しんでる人というのはそうやって思考を止めてエンタメとしてみてる人がほとんどな気がします。楽しんでる人というと語弊ありますね。映画を見た人のほとんどがこういう楽しみ方をしていて、さっき上げたような考察して楽しむ人はほとんどいません。

 それでまあ私としては今からそのエヴァ独自の楽しみ方をするには遅すぎるし、ただのエンタメとしてみるなら態々何回も見ないと完全にわからないものを見るより、一回見れば大筋は絶対理解できるというのを見たほうがいいなって気持ちになったというか。

 まあうだうだ言いましたが結局ノットフォーミーってだけです。内容で言えばシンジ君の成長をそうやって無難にまとめるならそれまでの長い前振りいらなくない……? みたいに思ったくらいです。あとまじめな声でシンクロ率∞はちょっと笑ってしまった。というか嘘予告するのだめでしょ。予告の内容と本編映像一ミリもあってない。

 

 あとは普通に最近夏バテ気味でべちゃと潰れてることが増えました。なんも気力が湧かない。別にいつもが気力満々ヤルキンマンって訳でもないですけども。落ちた体力が原因な気もするしリングフィットのRTAを見て久しぶりにリングフィットアドベンチャーやろうかなという気持ちもあります。あれはエンタメとしてめっちゃえらいですよね。リングフィットRTAの話しも今度書くかも。

 取り留めない雑談でしたがこのくらいで。ではまた。

 

【小説紹介】『この世界のヤベー奴らは大体みんな俺の弟子』

一度は世界征服を果たした最強の魔王は言った。私の師は私と比べ物にならないほど強いと。
魔王を倒した偉大な勇者は、全ての力は彼に授けられたと語った。
一説にはその人物は裏社会で畏れられる謎めいた暗殺ギルドの設立にも関わっているという。
長きに渡る大陸の戦乱を納めてのけた皇帝の影にはその男の姿があったとまことしやかに囁かれる。
つまり全部俺の事だ。かつて神々と肩を並べて宇宙人の侵略を撃退した、神話の終わりを結ぶ最強無敵の人間にかかれば最強の弟子乱造もちょちょいのちょいさ。
さあ、このファンタジーな世界で最強の弟子を育て、宇宙人の再侵攻に備えろッ!!!(再侵攻はない)

 

 おすすめ度☆4

 

 この小説はハイファンタジー異世界転生物ですね。すごい大雑把に言うとめっちゃ強い主人公が弟子を育てて、その弟子が世界各地で成り上がって師匠の株も上がってく感じの奴です。

 この作者さんは前に紹介した『世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)』という書籍化作品の作者さんでもあります。紹介記事はこれ

 ラノベ一冊分の容量でうまくまとまっていて、テーマでほしいものがきっちり詰まっています。前の作品の時も思いましたが、この作者さんはアイデアをきれいにまとめるのがとてもお上手です。

 半面、人物や設定の掘り下げはちょっと苦手なのかなと思っていましたが、このような一冊分となると全く気になりませんでした。とても面白かったです。

 

https://ncode.syosetu.com/n2245gi/